カルボナーラ オレンジ風味 … 生クリームの代わりにオレンジジュース。新たな発見。

オレンジ風味のカルボナーラ
ちゃぶ評 やはり旨い
満腹度 普通
難易度 簡単
調理時間 10分
ご紹介 Meatianさん

生クリームの代わりにオレンジジュースを使う。カルボナーラは元々こってりしたパスタであるが、オレンジジュースによって非常に軽い感じになる。もちろん生クリームを足してもよい。はっきり言って美味いです。パスタには限界はないんだなという事を感じさせてくれる一品。ただ生クリームでないためか、とろみを出すのが難しい(上の写真は半失敗作)。またオレンジの香りを品良く立てるのも難易度が高い。ここではオレンジジュースの選択も問題になる。

下のMeatianさんの実験も参考にして下さい。日本のみかんをジューサでしぼり、最後に削ったみかんの皮をトッピングします。鉄のフライパンはよくないらしい。

材料

2人分
スパゲッティ(1.7mm) 200-300g
一握り
オリーブオイル 小さじ1
ベーコン 150g(3枚くらい)
パルミジャーノチーズ 大さじ3
オレンジジュース(100%)
日本のみかんからジューサーで作るとよい
80cc
みかんの皮(摩り下ろす) 少々
黒こしょう(粗引き) 小さじ1/2
2個
オリーブオイル 大さじ1
少々

 

手順

 

  1. まず、パスタをゆでる

    スパゲッティは、鍋にたっぷりの熱湯を沸かし、その中に一握りの塩と、小さじ1のオリーブオイルを加えて、パッケージのボイルタイムより1分間短くゆでる。アルデンテほんの手前(後で炒めるから)。くわしくは「ぱすたをゆでる」

     

  2. ベーコンを炒める

    にんにくは入れない。オリーブオイルを熱して短冊状に切ったベーコンを入れて炒める。オレンジの風味を損なうのであまりカリっとはさせない。

     

  3. オレンジソースをつくる

    オレンジ色のソースパルミジャーノチーズ、黒こしょう、オレンジジュースをボールにでも混ぜておく。卵はまだ。生クリームの時の分量よりはオレンジジュースは少なめにしてある。そうしないとべしゃべしゃになってしまう。オレンジジュースは輸入物の甘いのよりは野生味のある日本産がよい。ジューサーを使ってみかんからジュースを作るのが一番良い

     

  4. フライパンにソースを入れる。

    パルミジャーノチーズがとけるまで弱火で。鉄のフライパンを使わない事。あまり煮詰めてはだめ。

     

  5. パスタとからめる

    茹で上がったパスタをいれてからめる。味をみて塩を足す。ここで火は止める

     

  6. 卵をいれる

    といておいた卵2個(卵黄だとよりクリーミーになる)をいれて、すばやくかき混ぜる。このときフライパンが熱いとあっという間に煮えてしまう。パスタの余熱で仕上げるくらいのつもりでいた方がいい。

TIPS & 皆様からのご感想 ご意見ご感想お待ちしております。ここからどうぞ。

Makさん 1998/11/25

私はオレンジジュースの代わりにトマトジュースを入れてみました。
よく行くにんにく料理の店に「カルボナーラチリトマト風味」というのがあるのですが、それに似た味を作りたくて。
そこでレシピのオレンジジュースをトマトジュースに代えてみることを思い付いてやってみました。
味はトマトクリーム味という感じでしょうか。おいしかったです。

Meatianさん 1998/01/12
実験していただきました。ありがとぉ。以下メールをそのままHTML化しました

[試作1] (1人分)

スパゲッティ(1.7mm) 100g
ひとつかみ
オリーブオイル 少々
ローリエ 2枚
ベーコン 70g
オリーブオイル 少々
卵黄(MS) 4個分
パルミジャーノ 25g
オレンジジュース(明治乳業) 50cc
黒胡椒(粗挽き) 少々

※狙いどころ
とろみを出すために、いつもより更に卵黄を多く、オレンジジュースを少なくした。

・作り方

  1. パスタを茹でる
    上記レシピ通り。
  2. ソースの準備
    卵黄・パルミジャーノ・オレンジジュース・黒胡椒をボウルに混ぜておく。
  3. 具の準備
    上記レシピ通り。
  4. (パスタ + 具) + ソース
    弱火にしてパスタを入れる。
    オリーブオイルがパスタに絡んだところで火を止めてソースを一気に流し込む。
    (ソースが十分に絡んでくる頃にはパルミジャーノもいい感じにとけてくる)
    塩で味を調整し、軽くバジリコを振って出来上がり。

・評価

  • とろみは結構いい感じに仕上がった。
  • オレンジの風味も確かにあるが、パルミジャーノに負けてる。
  • オレンジの風味以上に甘みが前面にでている。
  • 自己総合評価は70点といったところか。

[試作2] (1人分)

スパゲッティ(1.7mm) 100g
ひとつかみ
オリーブオイル 少々
ローリエ 2枚
ベーコン 70g
オリーブオイル 少々
卵黄(MS) 4個分
パルミジャーノ 25g
オレンジジュース(Dole) 200cc
黒胡椒(粗挽き) 少々

※狙いどころ
オレンジジュースを明治乳業からDoleに変えてみた。若干Doleの方が酸味が強いようなので試作1で感じられた甘さはやや抑えられるだろう。明治乳業のに比べてDoleは香りが薄く感じられたので、大胆にも「煮詰める」という手法を取ってみた。

・作り方

  1. パスタを茹でる
    試作1と同じ
  2. ソースの準備
    オレンジジュースを煮詰める。大体5分の1くらいまで煮詰めてみた。
    卵黄・パルミジャーノ・冷ましたオレンジジュース・黒胡椒を混ぜておく。
  3. 具の準備
    試作1と同じ
  4. (パスタ + 具) + ソース
    試作1と同じ

・評価

  • とろみは結構いい感じに仕上がった。
  • 香り・味共に変。食えない事はないけど。
  • パスタ・具は悪くない。ソースが完全に失敗してる。
  • 自己総合評価は40点といったところか。

・反省

  • オレンジジュースを煮詰めるのに、フライパンを使った。このフライパンは鉄製なのだ。鉄の味がオレンジの酸に溶け出してしまった疑いが強い。オレンジを自分で煮詰めるのではなく、濃縮ジュースを使うのがいいのかも。
  • 試作1の仕上げにオレンジの皮をすりおろせばかなりいい線いったかも。
  • 今回使ったオレンジジュースはどちらもバレンシアオレンジであった。
  • 日本のみかんや伊代かんなども試してみる必要がありそうだ。

今回は

  • 日本のみかんをジューサーで搾って使った。
  • 最後に皮を摩り下ろしてトッピングした
  • 鉄製のフライパンをやめた。

でやってみたのですが、ブラボーな出来でした。 やはり、前回の失敗の原因は鉄製のフライパンにあったようです。 是非一度お試しあれ。